天使の数を見つけてください

独身のときでも、本当に孤独ではない理由

独身であろうと恋愛関係であろうと、あなたは決して一人ではありません。それは、人間が繁栄するために他者とのつながりや相互作用を必要とする社会的な生き物だからです. 独身のときは、他の人とつながり、協力的なネットワークを作る方法を見つけることが重要です.クラブやグループに参加したり、社交行事に参加したり、見知らぬ人と会話を始めたりすることを意味する場合でも、他の人とつながる努力をすることで、孤独感を和らげることができます. 人間関係においては、自分自身の社会生活や趣味を維持することも重要です。別々の時間を過ごすことで、一緒に過ごす時間をさらに特別なものにすることができます。そして、物事が終わったとしても、頼りになる自分の人生があります。 ですから、次に孤独を感じたときは、いつもあなたの周りに気遣ってくれる人がいることを思い出してください。そして、少し努力すれば、つながりを持ち、孤独を感じないようにする方法をいつでも見つけることができます。


ですから、あなたは今、人間関係の間にあり、完全に孤独を感じています.私たちは皆そこにいました。真実は、あなたは決して独身ではないということです。関係について考えるとき、あなたはカップルについて考えます。それは唯一のタイプの関係ではありません。ある意味で独身であるからといって、人生のあらゆる面で独身であるとは限りません。孤独に圧倒されないようにしてください。あなたの人生のすべての愛に集中してください。その上、幸福は非常に魅力的です。

あなたには家族がいます。

血のつながりがなくても、私たちには家族がいます。姉か弟に電話してください。お母さんを夕食に連れて行ってください。家族は、私たちがこれまでに築いた最初の関係です。それらの関係を育むと、もはや独身だとは感じなくなります。

あなたには友達がいます。

私たちの多くにとって、友人は家族です。それはまったく問題ありません。多くの場合、私たちの友達は、これまでのボーイフレンドよりも私たちの近くにいます.友情を本当の関係ではないとして軽視しないでください。それは現実的であり、意味があります。外に出て、友達と楽しんでください。

あなたには同僚がいます。

同僚はそれほど多くないように見えるかもしれませんが、彼らはあなたがほぼ毎日やり取りする人々です。好きか嫌いかに関係なく、あなたは彼らを知るようになり、その逆もまた然りです。あなたはこれらの人々との関係を築きます。友達ほど親密になることはないかもしれませんが、孤独を感じているとき、彼らはあなたを楽しませてくれます。


あなたはいつもあなた自身を持っています。

あなたの人生で最も大切な人、あなたを忘れないでください。陳腐に聞こえるかもしれませんが、あなたはあなた自身の親友であり、最悪の敵でもあります。あなたの行動と幸せをコントロールしているのはあなたです。それは関係の一形態として数えるべきではありませんか?とにかく、あなたは人生でいつでも自分を頼りにすることができます。

あなたには隣人がいます。

ご近所さんとは決して仲が良いわけではありませんが、そばにいてくれるといつも幸せを感じます。本当に何かが必要な場合、彼らは助けてくれるでしょう。さらに、彼らは私が一人ではないことを思い出させてくれます。私は独身かもしれませんが、私はまだ近所の一員です。それはユニークな絆であり、あなたが受け入れるべきものです。


>