天使の数を見つけてください

一人でいるのが嫌いだったけど、今は一人でいることを好む理由

昔は一人でいるのが本当に嫌いだったけど、今は一人でいるほうが好きだ。一人でいることで、自分自身と自分の考えに集中する機会が得られるからだと思います。また、一人でいるときはより生産的になることができます。


私は一人でいるときに、特に友達が私のテキストメッセージに答えさえしなかったときに、非常にひどいパニック発作を起こしていました.一人で何かをするという考えは、私を涙が出るほど怖がらせました。 当時、私は一人でいるよりはましだと信じていたので、私は常に間違った人々に囲まれていました.しかし、年を重ねるにつれて、一人でいることを嫌いではなくなったことに気付きました。

人は疲れ果てることがあります。

私も疲れ果てていると思いますが、常に他の人と一緒にいると、感情的にも肉体的にも消耗します.私が周りにいる人々のほとんどは、私の性格の一部に過ぎないのに、私が明るくてエネルギッシュであることを期待している人なので、難しいです.スペースは私たちの心と体が再充電するために不可欠であり、これは特に私に当てはまります.

誰かのスケジュールを回避する必要はありませんが、自分のスケジュールを回避する必要はありません。

以前のように、仲間がいない限り物事を行うことを拒否する代わりに、今はやりたいことを計画し、友人やボーイフレンドの誰かが一緒に行きたいと思ったら、それは素晴らしいことです.そうでない場合は、それも問題ありません。私は自分の人生を他人のスケジュールに合わせることはもうありません。自分のスケジュールに基づいて生活しています。

私は自分自身に自信があり、快適です。

以前は、自分が認められて「幸せ」だと感じるために、常に注意を払い、交流する必要がありましたが、今では、自分が誰であるかに自信が持てるようになり、精神的および感情的に安定するために、他の人との絶え間ないコミュニケーションは必要ありません。実際、正気を保つために、他の人とのコミュニケーションを一時的に中断する必要がある場合もあります。


一人でいることで、自分のコンフォート ゾーンから抜け出し、他の方法では決して出会うことのなかった人々を紹介してくれます。

常に友達のグループに囲まれていると、外出中に新しい友達と出会う機会が制限されます.ヨガのクラスに参加したり、コーヒー ショップで日曜日の午後を過ごしたりするなど、一人で何かをするときは、大勢の人が一緒にいる場合よりも親しみやすくなります。一人でいるときに出会うことができる魅力的な人々は素晴らしいです。

他の人に気を取られすぎてできなかったことをやり遂げることができます。

1 人 (または数人) の友人と物理的に一緒にいたり、24 時間 365 日常にテキスト メッセージを送ったりしていても、一人にならないことに集中していると、重要なことに集中することができなくなりました。 必要 洗濯、掃除、仕事など。一人で過ごす時間が増えるということは、整理整頓をして行動をまとめることができるということです。さらに、眠りに落ちようとしているときの不安やストレスが減り、自分のすべてのことを考えてしまいます。 意味した やり遂げましたが、実際にはやりませんでした。


>